ステップワゴンのグレード選び方~おすすめグレードは?~

ステップワゴンのグレードを選択しよう

新しく車を購入するとき、グレード選びに迷ってしまうことがあります。安さを取るか、装備を取るか…その悩みはステップワゴンでも同じです。

 

ステップワゴンには無印と「スパーダ」の2ラインがあり、それぞれが2~3つのグレードで分かれています。そのため混乱しやすいので、まずはグレードについて整理しておきましょう。

 

グレード名 燃費(4WD~2WD) 価格(2WD~4WD)
ステップワゴン B 15.4~17.0km/L 2,288,000円~2,547,200円
ステップ ワゴン G 15.4~17.0km/L 2,480,000円~2,717,600円
ステップ ワゴン G・EX 15.4~16.2km/L 2,588,000円~2,804,000円

ステップ ワゴン
スパーダ

15.0~16.0km/L 2,725,000円~2,962,600円

ステップ ワゴン
スパーダクールスピリット

15.0~15.4km/L 2,887,000円~3,081,400円

 

無印かスパーダかを選ぶ

 

ステップワゴンは無印とスパーダの2種類に分かれていることはすでに説明したとおりです。なのでまずはどちらを選択するか決めたほうがグレード選びはやりやすいです。

 

無印とスパーダの違いは簡単に言うと見た目の違いです。スパーダには専用のエアロパーツなどが搭載されるほか、専用アルミホイルやコーナリングランプ、オートレベリングLEDヘッドランプなどが搭載されます。そのため、若者向けとなっています。落ち着いた雰囲気を好むファミリー層などは無印を選ぶことが多いようです。つまり、走行性能には違いがありません。むしろ、燃費性能はスパーダのほうが若干落ちています。

 

価格はスパーダのほうが約30万円高くなるので、インテリア・エクステリアを豪華にしたいならスパーダを選べばいいですが、コストを抑えたいときは無印で構わないでしょう。

 

無印のグレード選び

 

無印ステップワゴンは他の車種とはちがい、メーカーオプションとはなりますが安全装備が全車装備可能となっています。なので、グレードによる違いは快適装備、インテリア・エクステリアの部分となります。

 

その中でも大きいのがパワースライドドアの有/無です。まず運転席側については、最廉価のBのみオプション扱い、あとは標準装備となります。また、最廉価のBは両側パワースライドドアが設定できませんが、その他のグレードではオプションで両側パワースライドが選択できます。

 

2列目シートについては、全車標準で2席のセパレートシートとなりますが、3席のベンチシートがオプションで追加できます。

 

以上を考えると、必ずしもいらないとはいえ標準ではパワースライドドアのない最廉価モデルは若干厳しい印象があります。価格差は15万円ほどなので、15万円でパワースライドドアがつくと考えてBは外し、G以上をを基本に考えたほうが後悔はないでしょう。

 

スパーダのグレード選び

 

スパーダは無印と違い、最廉価モデルでも左側のみパワースライドドアが付き、オプションで両側にすることもできます。なので最廉価モデルを基本線に考えて問題ないでしょう。

 

ただ、フルオートエアコンやトリプルゾーンコントロールはスパーダの最廉価モデルは選択できません。必要な場合は最廉価モデルは切りましょう。

 

駆動方式はどうする?

 

ステップワゴンは、全グレードで2WD(FF)/4WDの選択ができます。上記の表のとおり、価格差はおよそ30万円となりわりと馬鹿にならない出費になってしまいます。

 

ただ、燃費の低下は1割以下に抑えられているので、燃費コストはそれほど大きくはありません。なので、購入費用が増えるのを飲み込めるかどうかが選択のポイントになります。

 

実際には、雪国に住んでいたり、アウトドアで悪路を走ることが多いようでなければ4WDは基本的には不要です。価格差が30万円あることを考慮し、必要かどうかをじっくり検討してから決めるようにしましょう。

 

安全装備について

 

新型ステップワゴンの安全装備は、基本的には標準装備となるのであまり問題はありません。しかし、サイドエアバッグやエマージェンシーブレーキ、アダプティブクルーズコントロールなどの追加安全装備についてはオプション扱いとなっているため必要に応じて追加が必要です。

 

しかし、サイドエアバッグに関してはスパーダだと標準装備となるので、その分追加費用なしで安全性能を高められるのはメリットでしょう。

 

ベストグレードは?

 

ベストグレードはズバリ「ステップ ワゴンG(2WD)」です。運転席側にパワースライドドアが装備されておきながら、2WDモデルだと250万円を切るためかなりお手頃になります。

 

フルオートエアコンなどを使用したい場合のみ、G・EXを選択すればよいでしょう。

 

スパーダについては走行性能の差はあまりないので、見た目を重視している場合以外は選ばなくてもよいかと思います。スパーダを選択する場合のおすすめグレードは「スパーダ」です。はじめからサイドエアバッグなどがついているため、なかなかお手頃です。

 

ステップワゴン格安購入術

 

 

今ここを読んでいるということは、ステップワゴンの各グレードの購入を検討されているはずです。

 

しかし、ステップワゴンは220万~300万円程度しますし、コンパクトカーや軽自動車などと比べるとずっと高価格な車種です。多少値引きできるとはいえ、どうしてもディーラーに通う時間はかかりますし、何より満足な値引きを引き出すには高い交渉スキルが必要となり、失敗することも多いです。

 

そこで活躍するのが未使用車新古車のステップワゴンです。

 

「未使用って・・・中古なんじゃないの?」

 

と考える方もいることでしょう。 でも、未使用車は走行距離がわずか(数キロ程度)しかなく、車の中身は新車と同等となります。

 

Gホンダセンシング(ガソリン) 2WD/CVT 新車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

3,069,266円

43,600円

3,112,866円

Gホンダセンシング(ガソリン) 2WD/CVT 未使用車

車体本体価格

重量税+取得税

合計

 

2,308,000円

0円

2,308,000円

※差額は約81万円!

 

↑はステップワゴンのG ホンダセンシンググレードの新車と未使用車の価格比較となります。この例では、なんと81万円もの価格差がついています。車体価格が安いだけでなく、未使用車は新車登録済みなので取得税/重量税も支払い済みとなります。そのあせいもあって、80万円も安くなっているのです。これは一例ではありますが、平均して50~80万円ほど安くなる傾向があります。

 

ステップワゴンのホンダセンシングが欲しいけど、予算オーバーしちゃう…
4WDが欲しいんだけど、価格アップが困るな…

 

こんな事情があっても、ステップワゴンの未使用車なら予算内に収まる可能性が高いです。

 

未使用のステップワゴンってどこで出回っているの?

 

例えば中古車販売の場合、全国各地の中古車販売店に中古車が散らばってしまうので、希望のグレードやカラーのクルマを見つけるのは大変だったりします。どうしても、どこかで妥協が生じます。なので、インターネットを使って未使用車を探すのがいいでしょう。

 

ただ、注意点が1つあります。というのも、ネット上ではほとんどのステップワゴン未使用車が「非公開」の状態なのです。どうしてかというと、未使用車がネットに公開されるまで、どうしてもタイムラグがあるからです。未使用車は売れるのが早いので、お店で売れてしまうとネットに公開されないのです。

 

実際、クルマの検索サービスで公開されている未使用車の何十倍もの非公開車があるとされています。

 

なので、インターネットで自分好みの未使用ステップワゴンを探す場合は、非公開車両に対応しているサービスを使用するべきです。

 

使いやすいおすすめサービス

 

中古車提案サービスは複数ありますが、その中でもオススメできるのが「なびくる+」です。未使用車に対応済みですし、なんといっても年間60万台もの情報を所有しているのが魅力。そのため、条件通りのステップワゴンが見つかりやすいのです。

 

ステップワゴンのグレード選び方~おすすめグレードは?~

 

↑はなびくる+の申請画面です。未使用車を探す場合は、「年式」で最新を選んでおき、「備考欄」に「未使用」「予算」「グレード」などを指定して依頼すればいいのです。

 

そうすれば、条件通りのクルマが提案されますので、好みのものを選びましょう。

 

非公開車両ナシで未使用車を探すのは時間がかかりますし、もtったいないので、一度はこういったサイトを使った方がいいです。

 

なお、なびくる+は中古車にも対応しているので、走行距離1万キロ以内のステップワゴンが100万円程度安いこともあったりします。予算に限りがある場合は、中古車も狙ってみましょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
https://a-navikuru.com/sale

 

未使用車の保証ってどうなっているの?

 

「確かに未使用の価格は魅力だけど、保証が心配…」

 

こういう方もいるでしょう。実は保証面は全く心配ありません。

 

というのも、ステップワゴンだけでなく、国産車は新車として登録されたから3年間はメーカー保証が付くことになっています。なので、未使用ステップワゴンを購入したら、ホンダディーラーに持っていって申し込みするだけで、新車と同様の3年間のメーカー保証が付けられるのです。

 

また、新車も完成したと同時に最終検査に回され、数キロ走行しますので、走行距離ゼロで納車、ということはありません。

 

ステップワゴンはホンダが期待をかけているミニバン車種であり、ディーラーの販売能力を超えた台数を毎日生産しています。ディーラー側はインセンティブをもらうために、半ば強引に大量のステップワゴンを引き受けることになるわけですが、当然販売しきれないので多くのクルマが未使用車として外に出ていきます。

 

そういうクルマは新車としては取扱いされず、「未使用車」として扱われるので、ディーラー新車よりもずっと割安で購入することが可能となるのです。

 

ステップワゴンは各グレードともコンパクトカーや軽自動車よりはずっと高いですし、値引きにも辛抱強く取り組まなければいけません。未使用車なら、はじめから安く購入でき、中身も新車と変わらず、しかも新車と同等のメーカー保証が付くので、それなら未使用車を買うというのもよい手だと考えられます。

 

未使用ステップワゴンは安いので人気も高く、在庫がないこともあります。早い者勝ちなので、早めの依頼をオススメいたします。依頼さえ済ませておけば、条件通りのステップワゴンがなかったとしても、見つかったらご連絡、ということができるようになるメリットもあります。

 

なびくる+の公式サイトはこちらです
https://a-navikuru.com/sale